早天祈祷会~御言葉と祈りをもって1日を始めませんか?

日本キリスト改革派長久手教会 早天祈祷会案内

長久手教会の初回礼拝(3月22日午前10時30分開始)まであと18日。

 

教会案内である「長久手教会ニュースレターのポスティング配布数も、

10,000枚を超えました。

ニュースレターや当ホームページの集会案内にも記していますが、

教会では、毎日曜行われる主日礼拝を最も大切な集会として守ります。

 

主日礼拝では、毎回神の言葉である聖書の説き明かしがなされ、

神への賛美と感謝を表します。

 

長久手教会も3月22日に初回礼拝を守った後、

毎日曜同じ時刻(午前10時30分)に教会に集まり、礼拝をささげます。

 

そして、主日礼拝以外にも定まった曜日・時間に様々な集会を行います。

長久手教会では、主日礼拝以外に教会学校、聖書の学び会と祈りの会、

早天祈祷会、ファミリー会を定例の集会として行います。

 

早天祈祷会、ファミリー会については、日本キリスト改革派教会の中でも

そう多くの教会で行っている集会ではありませんので、

これら2つの集会について、2回にわたってブログで紹介させて頂きます。

 

早速今回は、早天祈祷会についてご案内いたします。

長久手教会早天祈祷会のご案内

  • 日時  月曜を除く毎日 午前6時~6時45分
  • 内容

    讃美歌を歌い、使徒信条の告白、聖書朗読を行います。

    毎回5-8分程度の短い聖書のメッセージがあります。

    共に祈りに覚えたい祈祷課題を挙げ、その課題を覚えつつ、

    出席者各自が個人で祈りの時を持ちます。

早天祈祷会は、出勤・通勤前の方でも出席できるよう、

その名のとおり、朝早くに祈祷会を行います。


 

 毎日激務をこなしている方、

 転勤・進学などで新生活をスタートさせた方、

 大きな困難を抱え、苦悩の中で新しい1日を迎えた方、

 リタイアをして第2の人生をスタートさせた方、

 何かに挑戦しようとしている、もしくは何かに取り組まねばならない方、

いろいろな方がいらっしゃると思います。

 

聖書の言葉を聞き、祈ることをもって1日を始めませんか?

 


神様は、私たちの悩み・苦しみにすぐに答えを与えてくださる

場合もありますし、そうでない場合もあります。

しかし、神様は私たちの髪の毛までも一本残らず数えられておられる方で、

私たちの心の内を全てご存知です。

 

そして神様は、イエス・キリストを通して私たちの悲しみ、苦しみ全てを荷い、

真の喜びを与えてくださる方です。

 

イエス様は、「求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。 」(新約聖書マタイによる福音書7章7節)と言っておられます。

 

主イエスは、御言葉(聖書)と祈りを通して、

私たちを確かに励まし導いてくださいます。

 


どうぞ、早天祈祷会にお越し下さい。

共に新しい1日を与えてくださった主に感謝し、

全てを主に委ねて歩みましょう。